同行5人 四季それぞれに山は美しい、良さはあるが、春は曙なら平標、仙ノ倉は六月、その稜線に花は溢れる。溢れて咲いて、今だけが正しいことを教えてくれる。詳しくは「綿野舞」参照