同行6人 妙高に行っても山を目的とすれば周辺の名勝に寄る時間はない。今回は山以外を目的として、いもり池、苗名の滝、乙見湖、黄金の湯と回った。写真は笹ヶ峰の乙見湖。笹ヶ峰から何度も妙高、火打に登っているのに乙見湖の傍に来ることはなかった。各自が持っているのは拾ったダケカンパと白樺の木の皮。皮拾いに興味を示さなかった一人は写真撮りに余念がなく、ここに映っていない。雲に隠れた山は金山、焼山。詳しくは「綿野舞」参照のこと。