尾根の遠くに見え隠れしていた光兎山が、雷峰に着いた時にその全貌を目の前に現す。いつ行ってもその瞬間は胸のすく思いがする。