今年の目標のひとつは頭巾に登ること、としていたので、危険だと止めてくれる人もいたが、光兎を越えて頭巾への山行を決行。雪の状態が悪く、光兎を登り返して帰るのを諦め大栗田への道を選ぶも、沢に下りて危険な目に遭う。未熟さを思い知らされる山行になった。