下ろうとする時に棒切れを杖にした男が登ってきた。かなりへたばっているし、恰好も山慣れしたものではない。その気紛れと努力に応える景色かは本人に聞かないと分からないが。