常念岳の登りも下りも楽ではなかったが、ずっと見えていた景色がその辛さを忘れさせる。