本山を緩やかに下って、そしてまた緩やかな登りで御西。御西の斜面はマツムシソウが盛りを迎えていた。