深く掘れた登山道を前年の落葉が歩く邪魔になるほど埋めていた。頂はまだ沢山の雪、ようやく早春の芽吹き。その枝の間からその翌年登ることになる大朝日岳、小朝日岳が覗いていた。