麓の山で天候に注意し雪崩の危険のないルートを選べた冬季の山も安全で美しい。冬でなければ見られない美しい光景がある。後ろには飯豊の稜線、Y氏が上げたストックの先端の左が北股に当たる。ちなみに彼は腕のいい大工さんで、昨年の最多山行賞は惜しくも逃したが、今年はその賞を狙って元旦から登っている。山に登らなければ、彼との出会いも無かったと思うと、登山もまんざらでもないだろうという気持ち。