コバイケイソウは山の花の代表選手のひとつで、背が高く目立つので誰でも一番早く覚える名前。ただ、(個体としては)毎年は咲かないことや花の名の由来を知る人は少ないようだ。バイケイソウというのがあって、この花が梅に似ていること、その葉がケイ(シラン)に似ていることからそう名づけられ、この花の小型版なのでコバイケイソウ。個人的には魅かれない花だが、被写体としては悪くない。