樹間を自由に歩ける残雪期の山歩きは楽しい。夏山なら行く手を遮る藪もまだ雪の下。この日は湯蔵山を目指すも元光兎まで。それでも皆の足は軽やか。