飯豊山を見ながら地蔵岳から切り合わせの小屋へ向かう。小屋は稜線の左の方で、そこから写真に写っている草履塚(左端)、御秘所、右の本山へと向かう。ただ、右の本山は山そのものは本山だが、ピークは後ろに隠れている。